ふらりとゆけ! ホーム » 未来ファンタジー » STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン (2)(海羽超史郎)

STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン (2)(海羽超史郎)

STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐  比翼連理のアンダーリン(2) (富士見ドラゴンブック)STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン(2) (富士見ドラゴンブック)
(2012/04/20)
海羽 超史郎

商品詳細を見る


岡部は蚊帳の外

 IBN5100?ああ、エミュレーター付きのレトロPCか。それって何か大事だったっけ?そんな感じの鳳凰院凶真こと岡部倫太郎は、8月初旬、ラボの窓から外を見ていると、阿万音鈴羽に抱きつかれている橋田至を目撃してしまう。
 一緒に目撃した椎名まゆりと共に、ダルに彼女が出来るという現実を認めたくはない岡部。しかしダルは、コミマにも参加せず、メイクイーンにも日参せず、何やらバイトに勤しんでいるらしい。その金を一体何につぎ込もうというのか!

 そんなことを思ったのも束の間。鈴羽に呼び出され、牧瀬紅莉栖らと向かったラジ館で秘密を明かされ、何故か素直に信じてしまった紅莉栖は未来ガジェット13号の開発に邁進することになり、ダルはこれまで通り鈴羽の手伝いをしていくことになる。
 一方、マッドサイエンティストに託された仕事は、柳林神社の漆原るかにIBN5100の行方を確認することだ。取材と称して現れた桐生萌郁や、いつの間にやらくっ付いて来た天王寺綯と共に、IBN5100の在り処を探ることになる。

 フェイリス・ニャンニャンこと秋葉留未穂は今回お休み。値段の割には薄い。580円くらいが妥当だろう。
 岡部はタイムリーパーを一時お休み、それ以外のタイムリーパーが重複してうごめき、怪しい世界線とアトラクター・フィールドを構築している。




海羽超史郎作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3606-30b46950