ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ファンタジー » だから僕は、Hができない。 (7) 死神とパンツ(橘ぱん)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


だから僕は、Hができない。 (7) 死神とパンツ(橘ぱん)

だから僕は、Hができない。7  死神とパンツ (富士見ファンタジア文庫)だから僕は、Hができない。7 死神とパンツ (富士見ファンタジア文庫)
(2012/04/20)
橘 ぱん

商品詳細を見る


パンツで知る恋心

 《ファヴニール》を《雷神の雹(ティールハガル)》《四雷斧》メイズ・ガルダーブロウグに奪われ、代わりにアルメイア・レストールから《グラム》の鞘《グレイプニル》を受け取った加賀良介は、彼の生きる気力としてのえっちな気持ちを吸われる代償とすれば、あと数回は《グラム》を抜けるだけの力を得た。
 だが、高校生としての彼には夏休みが明ける前に難関がある。それはまだ宿題が終わっていないこと。リサラ・レストールの答えを写させてもらうという不埒な考えは却下され、地獄の三日間を経て、何とか新学期を迎えることが出来た。

 そんな良介やリサラ、幼なじみの大倉美菜やキュール・ゼリアがやるべき事とは、ガルダーブロウグたちよりも早くイレギュラーを発見することだ。良介への恋心を自覚した少女たちが、互いにけん制し合い、良介の鈍感さに後押しされて膠着状態に陥っている中、次の調査のターゲットとなったのは、桃園学園八奇衆《清楚なる野獣》茶道部部長の五十嵐先輩だ。
 文化祭実行委員会委員長である彼女に近づくために文化祭実行委員となった良介たちは、彼女のイメージである鉄仮面の男嫌いに反して、願望である王子様との恋愛成就を実現させるため、リサラを男装させる企画を立ち上げる。

 ところが、学園に男子のズボンを脱がせパンツを露出させる痴女が出没!玉野光や大平率いるマンコカパックパーティーのマゾたちが犠牲になっていく。
 良介はライファン・ピグノートとも協力して犯人捜しを始めるのだが、それにはアルカレア・レイギルや桃園学園八奇衆《六十九》杉浦先輩大きく関わってくるのだった。

 かなり慌てて刊行したらしく、台詞が支離滅裂になっている部分や、名前の混同が起きている個所も散見される。せかすのは結構だが、きちんとチェックはした方が良いだろう。
 物語自体も、全体構成の中での必然性は薄いように感じられ、特に大きな進展も見られない。メディアミックスの悪しき弊害と言えるかもしれない。




橘ぱん作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3604-72d39b54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。