ふらりとゆけ! ホーム » 学園ラブコメ » 人生 第2章(川岸殴魚)

人生 第2章(川岸殴魚)

人生 第2章 (ガガガ文庫)人生 第2章 (ガガガ文庫)
(2012/04/18)
川岸 殴魚

商品詳細を見る


説得して水着を見よう

 九文学園第二新聞部は、二階堂彩香が第一新聞部を離脱して立ち上げた部活だ。その従弟である赤松勇樹は、彼女の支配の下、学園人生相談の記事を担当している。回答者として彩香がキャスティングしたのが、理系代表の遠藤梨乃、文系代表の九条ふみ、体育系代表の鈴木いくみという、いずれも一年生だ。勇樹は、美少女だけれどそれぞれ癖のある彼女たちに振り回されながら、何とか相談コーナーを切り盛りして来た。
 もうすぐ夏休み。勇樹としてはみんなで海に合宿に行きたい気持ちがあるのだが、梨乃からは相談と合宿に関連性がないと言われ、ふみの祖父からは孫を誑かす男は伝来の十文字槍・飛蝗切りの錆にすると言われ、いくみは合宿に行くお金がないと断られてしまう。

 それに追い打ちをかける様に、第一新聞部の浅野浩太が、彼女たちとキャラをかぶせた回答者の志乃、くみ、よしたかを用意し、企画を丸パクリした相談記事を立ち上げて来た。
 そのまま流されて、今年も一人、完成したジグソーパズルをばらして組み立てるだけの夏が過ぎていくかと思ったのだが、彩香に発破をかけられ、相談にかこつけて、三人の回答者の少女を説得する試みが始まる。

 夏休みということで水着パラダイスを目指した相談の私的利用、そしてパクリキャラに対する対抗、楽しい夏休みを送るためには、事前の努力が重要となる。
 それほど濃い付き合いをして来たわけではないと思うのだが、免疫や慣れがない少女を相手にしているので、ちょっとした勇樹の行動が、大きく彼女たちの心に響いているように見える。




川岸殴魚作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3594-02516c9c