ふらりとゆけ! ホーム » 学園ミステリー » ライアー・ライセンス (2)(市原秋太)

ライアー・ライセンス (2)(市原秋太)

ライアー・ライセンス〈2〉 (電撃文庫)ライアー・ライセンス〈2〉 (電撃文庫)
(2012/04/10)
市原 秋太

商品詳細を見る


システマの根源にある記憶

 怪盗協会は、《機能(システマ)》という特殊能力を持つ現在の義賊「怪盗」を管理する機関だ。その協会が設置した、怪盗候補生を養成する森ノ宮学園に、システマを持たなかった杉崎渉は入学した。その助けとなったのは、怪盗を目指しながら果たせなかった兄の杉崎八尋の遺志と、彼の遺した傾国の神器《天衣無縫》だ。それらを駆使し、システマ不在を補っていた渉だったが、結月スバルや朝宮主税と出会い、彼らと共に、抑止力の神器《一日之長》を狙う神代明夜率いる怪盗集団マスカレード・サーカスを退けていく過程で、アンチシステマという、目前のシステマに対抗するシステマを発動するシステマに目覚めた。
 学園を救った英雄として《シャッタード・スリー》と称えられることになった渉とスバルは《優等生(セレクト)》という、候補生の中の候補生に選ばれた。さらにその中でも選び抜かれた存在が《教導生(プリーフェクト)》だ。現在その地位についているのは、御三家嫡子の音井直弥と風祭飾、そして成りあがりの渋谷祭であり、特に、かつて同じ御三家の七草杏のシステマを奪い、恐怖の依ってキングとなった音井直弥と、彼に対抗するクイーンとして君臨する風祭飾が派閥争いを繰り広げている。有名人となった渉とスバルは、本人が望むと望まずとに関わらず、その派閥争いに巻き込まれることになってしまう。

 朝宮主税が主宰するダンスパーティに乱入してくる七草杏が狙うのは、音井直弥によって奪われた自身のシステマだ。セレクトに与えられる任務として、藍崎家が保有する神器「エーデルの薔薇」を奪う最中に、メイドとして潜入したスバルと、招待客として神器の所有者と思われる藍崎メイの相手をすることになった渉は、協会と協力関係にある財団が管理するコープスという、記憶操作機能の集団の存在を知り、そこにシステマ強奪の謎が隠されていることに気づく。
 だが、不運の積み重ねが渉のアンチシステマを強奪される結果を導いてしまい、彼は無能力のまま、元ファントムナインの御堂公一や常盤石を持つ牛丸と戦わなければならなくなってしまうのだった。彼らの狙う三種の神器《不在証明の槍(ロンギヌス)》の力とは何なのか?

 頑なだった渉も、アンチシステマを手に入れ、スバルと主税という友人を手に入れ、他人に頼るということを覚えるようになった。彼の能力はシステマの存在が前提なのだから、他者との関係を持つことは必然であるともいえる。
 そんな彼の能力の対局にあるのはライアーライセンスという能力だろう。全ての神器を複製できるという能力は、誰も人には頼らず、自分だけで全てを成し遂げようという、孤独な能力なのかもしれない。




市原秋太作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3587-67ac8d70