ふらりとゆけ! ホーム » 熱血青春 » 87CLOCKERS (1)(二ノ宮知子)

87CLOCKERS (1)(二ノ宮知子)

87CLOCKERS 1 (ヤングジャンプコミックス)87CLOCKERS 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/04/10)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る


どこにでもあるけど誰にでも見つけられない

 「のだめカンタービレ」の二ノ宮知子の新作は、自作PCのオーバークロックに人生の全てを賭ける男女の物語という、とてつもなくニッチでマイナーな分野を選んで掘り下げた作品となっている。目の付け所がひと味違うとしか言えない。しかも、そこで登場する人々が、誰もエキセントリックで、無視することが出来ない。

 英孝音大に通う一ノ瀬奏は、周囲の人間が音楽コンクールに情熱を傾けている姿に共感できない。どうしても一歩引いてしまい、今では音大の中でいない子扱いされてしまっている境遇だ。しかし、実家が下手に金持ちであるため、生活のためにという理由で一生懸命になることも出来ない。普通は就職を考える時期なのに、その必要もなく暮らせてしまう。
 そんな彼が出会ったのは、ぼろアパートのドアの前に裸足で閉め出されている女子大生の中村ハナだった。突如、義侠心に駆られた奏は彼女に声をかけるのだが、扉の中から出てきた男ミケの存在に出鼻をくじかれる。

 それでもハナのところに通う奏は、ミケがオーバークロックという世界でナンバーワンの男であることを知る。…そも、オーバークロックってなんぞや???
 そんな疑問符でいっぱいになった奏だが、ハナとコミュニケーションを切らしたくない一心で、秋葉原でパーツを購入してPCを自作することに。そしてキャバ嬢でオーバークロッカーのジュリアに請い、ハナを救うためにオーバークロックの世界に突っ込んでいくことになる。

 だけど、物語のネタって、どこにでも転がっているけれど、誰にでも見つけられるもんじゃないんだな。




二ノ宮知子作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3579-05df09a8