FC2ブログ
ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » ファミ通文庫 » ファミ通文庫(2011年10月発売)の感想まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ファミ通文庫(2011年10月発売)の感想まとめ

 2011年10月発売のファミ通文庫は7冊。内3冊を読了。

■ ココロコネクト ニセランダム(庵田定夏)
■ B.A.D. チョコレートデイズ (2)(綾里けいし)
■ マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス (5) 蠱主の細瓮(吉宗鋼紀)

【概要】

■ ココロコネクト ニセランダム(庵田定夏)→ 読後レビューへのリンク

 庵田定夏「ココロコネクト」(レビューへのリンク)の続編。
 山星高校文研部は、宇和千尋と円城寺紫乃という新入生を加えて、7人となった。しかし、創立メンバーである5人が遭遇してきた、「ふうせんかずら」が起こす怪現象がなくなった訳ではない。それどころか、新メンバーを事件の中核に据え、安定してきた5人の関係を切り崩すような、「幻想投影」という、見た目が他人に成り代わる現象が起きることとなる。




■ B.A.D. チョコレートデイズ (2)(綾里けいし)→ 読後レビューへのリンク

 綾里けいし「B.A.D.」(レビューへのリンク)の続編。
 本編の補完的な短編集。

frame>


■ マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス (5) 蠱主の細瓮(吉宗鋼紀)→ 読後レビューへのリンク

 吉宗鋼紀「マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス」(レビューへのリンク)の続編。
 カムチャッカにおけるソ連と米国の陰謀から生き延び、アラスカ・ユーコン基地へ帰還したアルゴス試験小隊の前に、また新たな政治的野合の結果が現れる。それは、BETA戦後を見据えた、対人類戦闘を前提とした、戦術機同士の各国対抗戦だ。そして篁唯依中尉のもとには、巌谷中佐から、その結果如何ではXFJ計画の中止もありえるとの忠告が届く。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3057-0928210a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。