ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ラブコメ » はじめてのクソゲー(麻宮楓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


はじめてのクソゲー(麻宮楓)

はじめてのクソゲー (電撃文庫 あ 25-6)はじめてのクソゲー (電撃文庫 あ 25-6)
(2011/09/10)
麻宮 楓

商品詳細を見る


顔が見えなくても出来るラブコメ

 藤宮遊真はゲーム好きが高じて、ジミーユというハンドルネームでプレイ日記をブログ公開している。今日は国民的ゲームの発売日。楽しみにゲームショップに行ったところ、既に売り切れ、予約もしていない。
 なんで予約しなかった!というツッコミが聞こえてきそうだが、ともかく、このゲームをやりたい気持ちを抑えることは出来ず、代わりに「インフィニット・ダークネス」というゲームを買ってみた。ところがそのゲームはとんでもないクソゲーで、バグの宝石箱というくらい、これでもかこれでもかと、思いつく限りのバグが仕込んである。

 そのいらだちをプレイ日記として公開したところ、ユッキーという人物から「レール上を歩くだけの人生ね」というコメントをもらってしまった。そのユッキーとは、なんと藤宮遊真野クラス委員長である天野雪緒。彼女に挑発された藤宮遊真は、「インフィニット・ダークネス」のクリアを目指してゲームをすることになってしまった。

 そんなストーリーなので、メインはゲームのプレイ日記をファンタジー風に表現したパートであり、雪緒と遊真のチャットによるコミュニケーションパート、ごく稀にリアルで会った時のパートという構成になっている。
 このチャットというのが特徴的で、つまり相手の顔が見えない。だから、なんでお前は気づかない!というくらいの反応を彼女がしたとしても、彼は全くそれに気づかなくても不思議ではないのだ。ゆえに、ラブコメの不自然な部分を減らしたという意味では、画期的な設定かもしれない。
 ほのぼの安心のラブコメです。それに遊真の友人が気が利きすぎる。



麻宮楓作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/2899-4ae7474e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。