ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ラブコメ » 神明解ろーどぐらす (4)(比嘉智康)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


神明解ろーどぐらす (4)(比嘉智康)

神明解ろーどぐらす4 (MF文庫 J ひ 3-10)神明解ろーどぐらす4 (MF文庫 J ひ 3-10)
(2011/01/21)
比嘉 智康

商品詳細を見る


崩壊寸前の下校生活

 千歳きららの頭の中に住んでいる三石留萌からの、キララを人質とした脅迫に従い、留萌のわがままに付き合うことにした池田十勝は、夏祭りから失意のまま帰った丹下まりもにも本当のことを言えず、真夜中に留萌に呼び出されて下校?したりする。
 4人での下校生活が崩壊してしはじめた頃、徐々に留萌の様子が変わり始め、十勝は留萌がきららの頭の中にいる真相を知ることとなる。

 3巻でも終盤に驚きの展開になったけれど、今回も中盤から予想外の展開になって来る。まさか、これまで続いて来た平和で楽しい下校生活が、あんなヤツを登場させるための布石だったなんて!という展開だ。
 題材的にかなりチャレンジングで、これまでの日常系の展開が好きだった人には嫌がる人もいるかもしれないが、個人的には意欲的な作品は大好きだ。
 まあでもこれ、一歩間違うとバッドエンディングにまっしぐらな展開だけど、十勝が体当たりで挑んでいるので、あんまり不安を感じないな。



比嘉智康作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/2279-3e68a632

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。