ふらりとゆけ! ホーム » 


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


Ads by Kauli

間違いだらけのビジネス戦略(山田修)

元プロ経営者の視座で
評価:☆☆☆☆

 本書は著者の「ビジネスジャーナル」における連載記事を下記の章立てに再編し収録している。それぞれの記事で扱われているのは、2014年から2015年にかけて起きたビジネス上のイベントだ。それぞれの章で取り扱われる企業は次の通り:

CHAPTER1 戦い終わり日が暮れて
・大塚家具:父娘戦争
・モスバーガー
・マクドナルド
・P&G
・タカラトミー

CHAPTER2 戦略を誤ると名門企業も崖っぷち
・スターバックス
・楽天
・ヤマダ電機
・ヨドバシカメラ
・任天堂
・イオン

CHAPTER3 今年のワースト経営者は誰だ?
・スカイマーク
・ソニー
・シャープ
・理化学研究所:前理事長の怠慢
・ユーシン:もらいすぎ報酬
・セブン&アイ:世襲準備への嫌み

CHAPTER4 プロ経営者がブーム? 企業文化を根こそぎにする猛者たち
・ローソン
・サントリー
・キリン:暗黒の5年間
・ベネッセ
・LIXIL:藤森義明氏
・武田製薬

CHAPTER5 卓越した戦略経営者に学ぶ
・日本電産
・富士フイルム
・パナソニック
・日本M&Aセンター
・ポーラ化粧品
・太陽工業
・ビッグホリデー
・ハードオフ

CHAPTER6 吉か凶か、繰り出した戦略大技はどう着地する?
・岩谷産業
・トヨタ
・GE
・スシロー
・アサヒビール
・コメダ珈琲
・オリックス

CHAPTER7 変わるビジネス環境、生き残り勝ち上がれ
・社外取締役義務化
・ハラルビジネス
・アジア進出の負の側面
・香港デモ
・「The Future of Employment」の紹介

 それぞれの記事は数ページ程度の分量なので簡単に読める。自分はそのイベントをどう捉えていたかという感覚と比較して読むと良いと思う。







にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


Ads by Kauli

スポンサーサイト

最後のレストラン (4)(藤栄道彦)

言仁の仁徳

 レストラン「ヘブンズドア」は、バイトの有賀千恵や前田あたりが狂言回しや解説役に落ち着き、過去からやってきて居ついたジャンヌ・ダルクや言仁を中心にストーリー展開するようになってきた。スーシェフの御奴心?そんな人いましたね。
 悩めるオーナーシェフの園場凌が迎えるお客様は、アメリカ大統領リンカーン、悲運のピッチャー澤村栄治、非暴力運動のガンディー、獅子心王リチャードと、今回も多彩だ。食べることに食欲を満たすこと以外の何かを求める人々に饗される料理とは?




藤栄道彦作品の書評/レビュー



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


Ads by Kauli

代償のギルタオン(神高槍矢)

世界を滅ぼす憎しみ

 ランフェルド辺境に住む孤児義兄弟のヤシャナ、ライク、ミコは、豪華列車に密航し首都での生活再建を目指すものの、途中で戦乱に巻き込まれ、せっかく乗った列車は砂漠の真ん中で停車してしまう。
 そこにやってきた艦長サリアンナ・レコード率いる戦艦ヘルヴィータは、遺跡で採掘を待つロストテクノロジーの決戦兵器ギルタオン収容を任務としており、乗客たちを救助しながらも、任務続行を決断する。だが、ラーンハイムのギルタオン取得を妨害すべく、敵国リオンザイルが攻撃を仕掛けてくる。さらには、ギルタオン撲滅を目指すテロ組織シュメルツヘイムの首領ギギ・ウェットネスも、戦いに加わってくるのだった。

 ヘルヴィータは、オルタロットを操る味覚喪失者のグラカリム・オーディナや、ワイズマーレを操る視覚喪失者のミルリーチ・ベルギアら、ギルタオンパイロットが奮闘するものの、戦力が足りない。そこで作戦補佐官のシャリオ・スラインハートは、収容した孤児たちの中からパイロットを選出しようとする。だが、ギルタオンのパイロットは、代償として大切なものを失うことが課せられていた。

 第12回スーパーダッシュ小説新人賞優秀賞受賞作。




神高槍矢作品の書評/レビュー



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


Ads by Kauli



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。